節約編

スポンサーリンク
働き方編

あまり知られない育休メリット

最近、少し話題の男性の育休取得。でも実際に育休手当だけで生活ってできるの?って不安になるご夫婦もいるはず。今回は、意外と知られていない育休取得によるお金のメリットをご紹介します。少しでも男性の育休取得に興味のある方は参考にしてください。お金の心配で育休取得をためらう人が少しでも減ればいいなと思っています。
節約編

解約返戻金140%は本当にお得?~生命保険に潜むワナ~

解約返戻金が支払った保険料より多くなって戻ってくるから貯金しておくよりお得!と思って貯蓄型生命保険に加入している方は多いのではないでしょうか?その保険は本当にお得な保険なのでしょうか?検証してみましょう。
節約編

あなた、まだ現金主義者ですか?

最近、話題の「キャッシュレス決済」ですが、皆さんはキャッシュレス派ですか?それともまだ、現金を使っていますか?これだけ話題になっているのにも関わらず、未だ現金主義の方が多いように思います。「めんどくさい」「よくわからないから始めない」という理由が多いかもしれませんが、使ってみるととても便利でお得な「キャッシュレス決済」を紹介します。
稼ぐ編

もしも国民年金加入のパートナー(妻)が亡くなってしまったら

家族にもしものことがあったら遺族は遺族年金を受け取れます。しかし、遺族年金はその家族構成によって受給条件や支給額が複雑です。今回は「国民年金加入者である妻にもしもがあった場合の夫が受け取れる遺族年金」についてご紹介します。民間保険に入る場合も公的社会保険でどのくらいカバーされるか知ったうえで加入することが大切ですね。
稼ぐ編

もしも国民年金加入のパートナー(夫)が亡くなってしまったら

家族にもしものことがあったら遺族は遺族年金を受け取れます。しかし、遺族年金はその家族構成によって受給条件や支給額が複雑です。今回は「自営業である夫にもしもがあった場合の妻が受け取れる遺族年金」についてご紹介します。民間保険に入る場合も公的社会保険でどのくらいカバーされるか知ったうえで加入することが大切ですね。
節約編

子がいない妻が受け取れる「遺族年金」って?

夫にもしものことがあったら残された家族は?ということで、「遺族年金」についてご紹介していきます。遺族年金はそれぞれの家族構成によって受け取れる遺族年金の種類が異なります。ですので、今回は「サラリーマンや公務員の夫が死んでしまった場合の”子がいない”妻が受け取れる遺族年金」に焦点を絞ってご紹介します。
節約編

遺族年金ってなに?~夫がもしも死んでしまったら~

「年金」と聞くと老後にもらえるお金というイメージが強いかもしれませんが、そのほかに「夫など一家の大黒柱が死んでしまったとき」にもお金が受け取れる制度があります。これがいくら受け取れるか知っていれば、民間の保険ではそこに足りない分だけ補償してくれる保険に入ることで、ムダな掛け金を抑えることができます。
節約編

結局どっちが得なの?「持ち家VS賃貸」

地方に住んでいる方に多いかもしれませんが、漠然と「将来は持ち家が欲しい」と思っている人は多いのではないでしょうか。公務員やサラリーマンは貯金がなくてもローンが組める時代ですし、すぐにでも購入できる方も多いはず。でも実際のところ経済的にどっちが得なの?と疑問を持っている人もいるはず。「持ち家VS賃貸」を金銭面で比較します。
稼ぐ編

公務員を辞めたら今まで払った年金ってムダになるの?

「今は会社や市役所で働いているけど、結婚や妊娠のタイミングで退職して、専業主婦か夫の扶養の範囲で働きたい」このような女性は、多いのではないでしょうか?そこで疑問になるのが、「私、会社で働いていたの数年だけど、その分払っていた厚生年金ってムダになっちゃうのかな?」ということ。今回はこのような疑問についてご紹介します。
稼ぐ編

年金って結局いくら払っていくらもらえるの?~夫の扶養~

年金って一生でいくら払って、いくらもらえるの?って疑問の方は多いのではないでしょうか?将来の老後資金のために貯金や投資をしているのに年金はいくらもらえるのかわからないという人もいるはずです。今回は公務員やサラリーマンの方の扶養に入っている方(専業主婦やパートの方)の年金についてご紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました