知らないと損!?えっ、日経新聞ってタダで読めるの?

スポンサーリンク
稼ぐ編
スポンサーリンク

楽天証券の口座開設するだけで日経新聞がタダ⁉

 あまり楽天証券でもあまりPRしていないので、知っている人だけ使ってるという状態は多いと思いますが、実は楽天証券の口座を持っているだけで、日経新聞を無料で読めるのです!

 多くのビジネスパーソンにとって、新聞を読むことは日々の情報を得るうえで、重要なツールという人も多いでしょう。新聞を定期購読している人や職場で読んでるよっていう方もいるかもしれません。若手職員だとyahoo!ニュースやLINEニュースで情報収集をしているけど、「日経電子版」とかできちんとした記事も読みたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 日経新聞は通常版で4,900円/月、日経電子版で4,200円/月ですので私の家の収入だと、ちょっとバカにならないかなーって価格です。でも楽天証券は口座開設料金や管理料などはからないので、仮に投資をしない人にでもとてもお得なサービスだと思います。日経新聞目当てでもよいので、ぜひ楽天証券の口座を検討してみてください。

日経テレコンってなに?

 楽天証券の口座を持っている方は、楽天証券が提供しているスマホアプリ「iSPEED」から 日本経済新聞社が提供するビジネスデータベースサービス 「日経テレコン(楽天証券版)」 を無料で利用できるのです。

 日経テレコンでは

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

のサービスが提供されているので、日経新聞が無料で読めるということです。アプリを使って移動中やスキマ時間に新聞が読めるなんて便利じゃないですか。

一応、日経テレコン(楽天証券版)のデメリット紹介

 楽天証券の口座を持っているだけで無料で日経新聞が読めるので、正直申し分は全くありませんが、一応デメリットもご紹介しておきます。日経テレコン(楽天証券版)というのは、正規の日経電子版よりは読みやすさという点や検索のしやすさという面で多少機能性が劣ります。デメリット中でもあえて言うなら

  • 紙面イメージでの閲覧は日経電子版では過去1週間分読めるのに対し、日経テレコンは3日分

ということでしょうか。しかし、日経新聞の記事を読めるということには変わりないですし、紙面イメージでなくとも過去1年分は検索して記事自体は閲覧することは可能です。1か月あたり4,200円追加してまで、補いたいサービスというほどの差ではないかと思います。日経テレコンで十分です。

浮いた新聞料金を投資に回そう!

 過去の記事で、これから投資を始めたいなど投資に興味がある方は、銀行などではなく

がおすすめでしたので、日経新聞も読みたいという方は楽天証券が良いかもしれません。

 また、もう紙の新聞や日経電子版を購読してるよって方は、楽天証券の日経テレコンを利用して、新聞代を節約するのが賢いかと思います。

 新聞購読がまだという人も既にしている人も楽天証券の口座を開設して、浮いた新聞代を投資信託に回して将来の資産運用の一部にするのがおすすめだと私は思います!

日経テレコンの使い方はこちら

 実際に楽天証券で日経新聞を読む手順を紹介します。楽天証券の口座開設がまだという方は下の記事をご覧ください。

 さて、楽天証券で日経新聞を読むにはPCとスマホアプリと2パターンで読めますが、今回は移動時間などでも読めるスマホアプリ版の読み方をご紹介します。手順としては

  1. 楽天証券スマホアプリ「iSPEED」をインストール
  2. 「iSPEED」にログイン
  3. 日経テレコンをクリック
  4. ご利用許諾条項に同意

たったこれだけです。下に写真付きで手順を紹介していますので、試してみてください。

 とても簡単だし、お得なサービスだから楽天証券ももっとアピールしたらいいのになぁと思います。日経新聞を読みたい方や新聞代がもったいないと思う人はぜひ試してみてください。

 今回のご紹介は、いかがだったでしょうか。また、過去の記事もあわせてお読みいただければ嬉しいです。また、質問やご意見等があれば、twitterやコメントも頂けたら幸いです。「もっと楽しく もっと自由に」暮らせる公務員家族が少しでも増えたらいいなと思って情報発信しています。

【1か月無料】通勤中に運転中に聴く読書audible 無料期間中でも退会できます。

【初めて投資信託に興味を持った方へおすすめの本】

【公務員家族におすすめ本】

コメント

タイトルとURLをコピーしました